ビビック光と他社回線の違いをご紹介!

【要注意】ビビック光のキャンペーンが終了!

 

ビビック光を使う前に|他社回線との違いやデメリットをまとめました

 

 

2016年末でビビック光はキャッシュバックキャンペーンが終了しました。

 

 

キャッシュバックが無くなり利用コストがかなり割高になってしまったので

現在ではauひかりを選択する人が多くなっています

 

 

 

 

 

九州内で最も顧客満足度が高かったビビック光ですが、これから契約するならauひかりのほうがお得になっています。

 

というのも2016年末に新規契約時の30,000円キャッシュバックキャンペーンが終了してしまったから。

 

 

現在では料金・品質はほぼ同じで、新規契約43,000円キャッシュバックがついているauひかりの方がかなりお得になっています。

 

ビビックを使おうと思っていた方は、急に別のインターネット回線に切り替えるというのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、auひかりならその心配は不要です。
なぜならビビックを運営しているQTnetとauひかりを運営しているKDDIは提携関係にあり、ほとんど同じようなサービス内容になっているから。

 

 

 

 

それでいて3年間利用時のコストでは、ビビックのほうが20,000円以上高くなってしまうので、2017年に入ってからはauひかりの方が人気が高まっています。

 

ビビックとauひかりは、通信面でも割引やサービス面でもほとんど同じような中身なので、日々のネットの使い心地に違いはありません。
それなら少しでも安い方を使ったほうがお得だと判断する方が多くなっているんですね。

 

 

 

ビビック光とauひかりがなんで提携しているの?

ご存知の方も多いと思いますが、ビビックを運営するQTnetは九州電力グループの企業です。
このような電力会社が母体となっているインターネット事業者は、全国の各エリアに1社ずつ存在します。
(四国電力グループのメガエッグ光、関西電力グループのeo光、中部電力グループのコミュファ光などなど…)

 

 

これらの会社は「PNJグループ(電力系通信事業者)」と呼ばれ、日本で最も利用者の多いNTTのフレッツとライバル関係にあります。

 

KDDIはこの「PNJグループ(電力系通信事業者)」の基幹企業。
つまりこのグループをまとめる中心人物なんです。
九州電力などの電力会社がなぜインターネット事業を行えるかというと、KDDIのノウハウを提供してもらっているからなんですね。

 

 

 

なのでKDDIとQTnetは味方の企業。
それと敵対するライバルがNTTフレッツという構図になっているわけです。

 

 

 

 

 

 

ビビック光とauひかりが同じ点、違う点

 

 

ビビック光を使う前に|他社回線との違いやデメリットをまとめました

 

 

ではまずビビック光とauひかりの同じ点と、違う点からご紹介していきます。
ビビック光の利用を検討していた方も、まずは両者の違いを見て、そのままビビック光に決めるか、auひかりを使うか判断することをおすすめします。

 

 

 

 

ビビックとauひかりが同じ点

 

まずはビビック光とauひかりが同じである点をご紹介しましょう。

 

 

通信面

 

ビビックもauひかりも最大速度1Gbpsの光通信ができるインターネット回線です。
回線の品質自体は全く同じですね。

 

 

使っている回線(光ファイバー)や設備が同品質のものなので、通信速度に関してはどちらもほぼ同じと考えてOKです。

 

 

ただ、強いてい言うならプロバイダーを選択できるauひかりのほうが有利になります。
auひかりはプロバイダーで人気のOCNやso-net、BIGLOBEを利用することができるので、通信に不満があればプロバイダーを変更することで対応することができます。
※ビビックは自社プロバイダーのみしか使えません。

 

 

※プロバイダーって何?

 

インターネット回線を使うときに良く耳にするプロバイダー。
「実はなんなのかよくわからない」という方も多いと思います。

 

 

プロバイダーというのは、ネットとあなたの自宅をつなぐ「中間地点」です。
インターネット通信は必ず、プロバイダーを経由して行われます。

 

プロバイダーによっても通信速度が変化するので、複数のプロバイダーを選べることは通信面で大きなメリットとなります。

 

 

ビビックのようにプロバイダーが1社のみなら、通信品質に不満がある際、回線ごと乗り換えないといけません。
ですがauひかりのようにプロバイダー選べる場合、auひかりはそのまま使っていて、プロバイダーだけ乗り換えることができるんですね。

 

プロバイダーの乗換えは工事などが不要なので、回線ごと乗り換えるより簡単というメリットがあります。

 

 

 

 

 

auスマホの割引「スマートバリュー」

 

auスマートバリューはスマホと光回線のセット割引きです。

 

 

auひかりもビビック光もこの「スマートバリュー」が使えることが、最大のメリットということは共通しています。

 

割引の金額も、割引の適用条件も全く同じなので、auスマホを使っている人はビビックかauひかりのどちらかを選べばとりあえず失敗はないといえます。

 

 

割引金額はauスマホの契約プランによって変わりますが、最低でも934円、最大で2,000円の割引となります。
最も利用者が多い5〜20ギガのプランの場合は1,410円割引なので、だいたいそれくらいの額はスマホが安くなると考えていてOKです。

 

 

さらにスマートバリューの魅力は家族全員が割引対象であるという点です。
auスマホさえ持っていれば、離れて暮らしていてもOKなので、一家全員のスマホ代は総額でかなり安くなります。

 

 

例:4人家族の場合…

 

父:auスマホ20ギガ 割引金額1,410円
母:auスマホ3ギガ  割引金額934円

 

娘:auスマホ5ギガ 割引金額1,410円
息子:auスマホ5ギガ 割日金額1,410円

 

 

割引金額の合計:5,164円

 

毎月5,164円…年間では6万円以上安くなるのでかなりお得ですね。

 

 

 

 

 

ビビックとauひかりが違う点

 

 

通信速度や最もメインとなる割引「auスマートバリュー」は同じ内容なので、auひかりとビビック光の違いはコスト面だけということになります。

 

具体的には毎月の料金と、キャッシュバックの2点。

 

 

ではビビックとauひかりのコストはどれくらい違うのか、どちらのほうがお得なのかを比較してみましょう。

 

 

 

月額料金の比較

 

ここではビビック光、auひかりどちらも利用者が多く、定番となっている「3年契約のプラン」で比較してみました。

 

 

ビビック光の基本料金:4,700円
auひかりの基本料金:5,000円

 

 

※auひかりの3年契約プランは変動制の料金体系となっていますが、実質月5,000円です。
1年目:5,100円、2年目:5,000円、3年目:4,900円 なので、月5,000円で3年間利用したことと同じことになります。

 

 

 

3年間の基本料金の総額は、下の通り。

 

 

ビビック光:169,200円
auひかり:180,000円

 

 

差額:10,800円

 

 

基本料金の時点では、ビビック光のほうがお得ですね。

 

 

 

 

キャッシュバックの比較

 

基本料金だけ見れば、ビビック光のほうがお得ですが、キャッシュバックまで含めてみると、auひかりのほがトータルコストは安くなります。

 

現在の両者のキャッシュバックは下の通り。

 

 

ビビック光:10,000円(商品券)
auひかり:43,000円(現金)

 

 

auひかりの方が33,000円もキャッシュバックが多くなっています。

 

 

 

 

3年間利用した場合のトータルコストで比較してみると、

 

 

 

ビビック光

 

169,200円(3年間の月額料金料金)−10,000円(キャッシュバック)=159,200円(3年間利用した場合のトータルコスト)

 

 

auひかり
180,000円(3年間の月額料金料金)−43,000円(キャッシュバック)=137,000円(3年間利用した場合のトータルコスト)

 

 

 

差額:22,200円

 

3年間利用した場合のコストでは、auひかりの方が22,200円も安いことがわかりますね。

 

 

もちろんビビック光のほうが基本料金が安いので、長く使えばその差は縮まっていきます。
ですが、ビビック光のほうがauひかりよりもお得になるためには、9年以上利用しないといけない計算になります。

 

 

短いサイクルで新しい技術、サービスが登場するインターネット業界で、9年間も同じインターネット回線を使い続けるというのは、現実的には考えづらいです。
なので、ほぼ間違いなくauひかりを使っていた方がコスト的にお得になります。

 

 

 

2016年代までは、ビビック光も最大30,000円のキャッシュバックがあったので、ビビックを選ぶのも良い選択だったのですが、現在ではそのキャンペーンは終了しています。
なのでこれからインターネット回線を利用するなら、高額キャッシュバックが残っているauひかりのほうが賢い選択なんですね。

 

 

 

まとめ:2017年以降はauひかりが断然お得

 

ビビック光を使う前に|他社回線との違いやデメリットをまとめました

 

 

2016年まではビビック光にも30,000円の高額キャッシュバックがついていたので、auひかりとビビックのコスト面はほぼ互角でした。

 

ビビック光は休日でも電話サポートに対応してくれるなど、サービス面が充実しているので人気でした。

 

ただ、現在ではコスト面に大きな開きがあるので、auひかりを選ぶ人が増えています。
またビビック光は夜間メンテナンスでインターネットが繋がらない時間帯があるなどのデメリットもあり、auひかりの評判がよくなっています。

 

 

 

もちろん今でもビビック光が評判が良いインターネット回線であることに違いはありませんが、せっかく使うなら安い方が良いですよね。

 

通信品質に関しても同じなので、ビビックを使おうと考えていた方も、auひかりと再検討することをおすすめします。

 

 

 

auひかりの43,000円キャッシュバックは、キャンペーンサイトから申し込んだ方限定の特典であることに注意してくださいね。

 

>>auひかり キャンペーンサイト

 

 

 

 

 

 

 

※ビビック光の特徴とデメリット

 

 

※ここから下は2016年以前の内容となります。

 

 

 

 

ビビック光の特長やメリット・デメリットをご紹介していきますね。ビビック光を使うか検討中の方も、他社回線からの乗り換えを考えている方もぜひ参考にしてみてくださいね。

ビビック光の特徴を全てご紹介します!

 

では早速ビビック光の特長、他社と違うところをご紹介していきますね!

 

1.1全部で400社ある光回線の中で3年連続顧客満足度1位

光回線と言えばフレッツやドコモ光・auひかり・ソフトバンク光などが有名ですが、すべて合わせると現在400社以上もあるんです。ビビック光は大規模な市場調査でその400社の中で顧客満足度3年連続1位という快挙を達成しています。

 

2016年現在なので、これからさらに連続1位記録を伸ばす可能性も大いにあります。この調査はJDパワーという市場調査の世界的な大手調査会社がおこなっているもので、相当信ぴょう性が高いものです。この他にも価格コムやRBBといった大手ウェブサイトがおこなっている満足度調査でもそれぞれ1位を受賞しているので、いかにビビック光の評判が良いか分かると思います。

 

1.2月額費用がかなり安い

ビビック光の大きな特徴は月々の料金が安いことです。割引を適用すれば戸建てタイプで3400円、マンションタイプ:2800円です。もちろん割引が適用されない方もいますが、それでもほとんどすべての人が4400円前後に収まります。

 

フレッツより安いのは言うまでもないですが、安いでおなじみのauひかりなどでも5100くらい。それより700円ほど安いので、最安値の回線と言っても言い過ぎではないです。

 

他社回線とお悩みの人も、料金面で行けばまずビビック光が一歩リードというところです。

 

1.3通信速度も安定

利用者が増加しすぎて混雑が起こりやすくなっているフレッツやドコモ光・ソフトバンク光などの回線と比べて、ビビック光は圧倒的に速度も安定しています。

 

フレッツと同じ高品質光ファイバー(最大速度1Gbps)を使っていながら、利用者数はフレッツの1/7ですから、混雑が起きにくいのも納得ですよね。

 

インターネット回線はいくら安くても、いくらサポートが充実していても、通信速度が遅かったり安定してなかったら使い物になりません。なので、満足度調査で上位を取るためには速度の安定は必須条件。JDパワーの3年連続で顧客満足度1位を始め、高い評価を得ているのは、通信が速くて安定していることの証明でもあります。

 

1.4セキュリティソフト マカフィーが無料

ビビック光はサービス面でもかなり高い評価を受けていますが、その理由は必要な物をサービスとして提供してくれているということが挙げられます。具体的にはセキュリティソフトです。

 

インターネットを使ううえでセキュリティはとっても重要。とはいっても、セキュリティソフトについては詳しくないし、いくらくらいの、何を使えばいいのか分からない人も多いと思います。

 

ビビック光に契約するとあなたがお使いのスマホ・タブレット・パソコンなど5台分まで無料でセキュリティソフトを使えます。しかもよくわからないマイナーメーカーのものじゃなく、インテルの有名セキュリティソフト「マカフィー」です。5台分も使おうとなれば3万円くらいかかってしまいますが、それを無料で使えるのはかなりいいですよね。

 

1.5スマホ代も割引される

auのスマホを使っている人限定ですが、スマホ代の割引も適用されます。auスマートバリューは光回線とauスマホのセット割で、家族全員のスマホが1台当たり934〜2000円割引されます。

 

家族が多ければビビック光の料金よりも、スマホ割引のほうが金額が大きいなんてことにもなりますから、相当お得なんですね〜。

 

1.6休日などの対応も高評価

JDパワーの顧客満足度調査で明らかになっていますが、ビビック光はサポート面の評価がめちゃくちゃ高い回線です。休日でもすぐにサポートしてくれたり、台風などの災害時の対応も素早く高い評価を得ています。

 

問い合わせの対応もスムーズで、ネットに詳しくない人にも評判が良くなっています。

 

1.7ビビック光はキャッシュバックが大きい

 

 

ビビック光は、契約時のキャッシュバックが大きいことも人気の理由になっています。家電量販店や、営業マンからの契約ではダメですが、WEB上のキャンペーンサイトから申し込めば最大3万円のキャッシュバックがあります。

 

料金や通信速度、サービスなど総合的に評価が高い回線ですし、実際の調査でもそれは証明されている。これだけでもビビック光を選ぶ理由としては十分ですが、最後の決め手としてキャッシュバックがあるのは大きいですね。

 

キャッシュバックはキャンペーンサイト経由の申込み限定です!ビビック光を使おうと思っている方は、もらい損ねないように気を付けてくださいね

 

 

 

※ビビック光の30,000円キャッシュバックキャンペーンは終了しました。

 

 

現在で同じ品質でトータルコストが大幅に安いauひかりの方が人気です。

 

 

auひかり キャンペーンサイト